『まだ東京で消耗してるの? 環境を変えるだけで人生はうまくいく』 を読んだ感想

まだ東京で消耗してるの? 環境を変えるだけで人生はうまくいく




地方に移住してみるという選択肢を実体験を元に提示してくれてる本

プロブロガーとしてブログを通じた収益だけで生活してるイケダハヤトさんの著書。(今はブログ以外にも色々やってるっぽい)自分自身が東京での生活を捨てて、高知県の限界集落に移住し、そこでの体験ベースに「地方でがんばるのもいいんじゃない?」という選択肢を年収、人間関係、インフラなど具体例を交えながら話してくれる感じの本です。

 

 

東京暮らしで疲弊している人たちを挑発し続ける

この本、タイトルからもわかるように東京で暮らしている人をものすごく挑発しています。(いい意味での挑発ですが。)目次を見てみると、「第1部 東京はもう終わっている」ってなってるし、文章でも所々に「まだ毎日残業して、東京のウサギ小屋に高い金払ってるの?」というようなスパイスがいっぱい。

 

これ読んだら、東京で35年ローンとかで夢のマイホームとか建てちゃった人はカチンとくるだろうなぁ、と思いました。でも、そのカチンとくるのって正論を言われてる部分もあるからなんだと思う。本書で書かれてるように、地方に移住するだけで待機児童の問題とか、重すぎる住宅ローンとかは一気にクリアするような気がする。

 

でも、東京の生活にしがみついてる人からすると「仕事が無いから地方から出てきた」「今さら地方に戻っても生活ができない」「不便な田舎暮らしはゴメンだ」という声が挙がりそう。そう思う人はデメリットがあった上で東京の生活がいいと思ってるんだから、それでいいんじゃないかな。

 

この本で主に語られてる「東京捨てて地方に行けばハッピーライフが待ってるよ」っていう主張も全ての人に当てはまる訳なんか無いし、すべての地方が移住者受け入れに協力的な訳でもない。現実ってそんなに甘いもんじゃないからね。

 

でも、この本を読むことで「必ずしも東京で暮らさなきゃいけないわけじゃないし、地方で活躍するという選択肢もあるんだ」ということを知れることは大きいと思う。東京近郊で暮らしてて、働き方とかライフスタイルに疑問を感じたら手にしてみるといい本かも。

 

 

 

すでに地方にいる私にとっても有益な情報がいっぱい

当ブログ管理人は、10年近く東京で働いてたこともありますが今は愛知県稲沢市に住んでます。名古屋市から20キロの距離に位置する稲沢もイイ感じの田舎です。そんな私にとって「まだ東京で消耗してるの?」という本は、「稲沢市で何ができるの?」という本として読めました。

 

なぜなら、「第4部「ないものだらけ」だからこそ地方はチャンス」の章にイケダさんが構想してるビジネスアイデアが惜しげもなく書かれているからです。ヒントがいっぱい。この読書ブログを始めたのも、この章を読んだのがきっかけです。

 

地方を盛り上げようと考えている方にとっても本書は参考になる所が多いです。東京を始めとする首都圏から地方移住者を呼び込むために、どんな風にピーアールしていけばいいかについても参考になりますからね。

 

 

 

まだ東京で消耗してるの? 環境を変えるだけで人生はうまくいく

巻末に「妻へのインタビュー」ということで、イケダハヤトさんの奥さんの本音も掲載されています。理想とか夢とかだけで突っ走る男性の意見以外で、身近で生活をやりくりしていかなきゃって思ってる女性の意見が読めるのもイイです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です