『伏魔殿』 を読んだ感想

『伏魔殿』 を読んだ感想




地方都市にありがちな、いびつな権力構造

警察、ヤクザ、地元の大手スーパーの経営者などが登場する。それぞれの力関係や思惑の中で息苦しさを感じながらも生活する主人公の榎木。祭りの英雄ともいえる神人に榎木が選ばれることで物語は急展開していく。衝撃のラストでは、愛知県生稲市の布施宮諸肌祭りに隠された闇が明らかに。

 

 

松岡圭祐の描く男性が主人公の推理エンタテインメント

松岡圭祐といえば、千里眼シリーズ、万能鑑定士Qシリーズ、特等添乗員シリーズ、探偵の探偵シリーズ、水鏡推理シリーズと女性を主人公にした物語の印象が強い。でも、この伏魔殿は、男性が主人公。それも冴えないタバコ屋のオジサン。

 

それだけでも、松岡圭祐ファンの私からするとどんな物語なのか興味津々。宅配ビデオのアイデアのくだりは雑学知識を満たしてくれるという意味で万能鑑定士シリーズに通じるものがあるなぁ。

 

著者は一言も言ってませんが、この本も「人の死なないミステリー」です。

 

【追記】

すみません、殺人ではないけど主人公の親友が死んでました。「殺人の起きないミステリー」です。

 

 

伏魔殿

 

『探偵の探偵』の松岡圭祐さんが愛知県稲沢市出身というのも驚きだが、国府宮はだか祭りからインスピレーションを受けて書いた小説があるというのも驚いた。読み応えありまくりです。




1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です