『決済インフラ入門』 を読んだ感想

『決済インフラ入門』 を読んだ感想

スポンサードリンク


決済の種類とインフラについてまとまってます

現金系決済、口座振替系決済、銀行間決済、海外系決済、証券系決済など決済にはどのような種類のものがあり、それぞれどのような決済インフラが用意されているのかが体系的にまとまっています。決済インフラごとの特徴についても比較する形で解説されています。

 

 

私がほしい情報ではなかった

学術的な雰囲気で、決済インフラについて体系的にまとまった本書だが私が読みたい内容のものではなかった。私がこの本を買ったのは、「今、世界的にフィンテックがアツいらしいよ。」という話を聞いて、フィンテックってどんな可能性があるのかなぁということを知りたかったから。

 

でも、ちょっとその欲望を満たす本ではなかったらしい。フィンテック関連の本は色々と出ているのでほかの本も探してみようと思う。

 

 

決済インフラ入門

決済関連に絡む実務の仕事をしている金融機関系の人向きなの本かな。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です