『Web制作者のためのCSS設計の教科書 モダンWeb開発に欠かせない「修正しやすいCSS」の設計手法』 を読んだ感想

『Web制作者のためのCSS設計の教科書 モダンWeb開発に欠かせない「修正しやすいCSS」の設計手法』 を読んだ感想




柔軟で保守しやすいCSSの書き方がわかる!

CSSの基本からセレクタの命名規則、設計のアイデアまで学べる骨太な一冊。HTML+CSSでのWEBサイト構築をすんなりこなせる人がCSSについて一歩踏み込んで学ぶのに最適な本です。

 

 

破綻するCSSの失敗例が載ってて超参考になった

本書の中でも特に参考になったのが「破綻しやすいCSS」という章。実際のよくないCSSの書き方がコード付で紹介されていて、なぜそれがダメなのかも丁寧に書かれていて参考になった。

 

私自身は「HTMLの構造に依存している」CSSというパターンに陥りがちだった。コンテンツの修正と合わせて内部SEOをする際に、h2からh3へHTMLタグを変えるということがよくある。その際にh2タグを直指定していると、CSSも書き直し二度手間になってしまう。HTML構造との依存を断ち切ることで、この手間が省けるのでグッドアイデアだと思った。

 

 

Web制作者のためのCSS設計の教科書 モダンWeb開発に欠かせない「修正しやすいCSS」の設計手法

 

HTML+CSSについて全くの初心者にはオススメできません。HTML+CSSでサイト作ったことがあって、もっとスマートに書けないかなぁという段階の人にオススメです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です