『ネットワークの世界へようこそ -知っておきたいTCP/IPの基礎知識』を読んだ感想

『ネットワークの世界へようこそ -知っておきたいTCP/IPの基礎知識』を読んだ感想

スポンサードリンク


イラストが多くて絵本みたいだけど中身は本格派!

冒頭から末尾まで、イラストがふんだんに挟み込まれていて、とっても読みやすかったです。ネットワークなどの専門知識を身につけようと思うと、文字と不思議な記号のみで構成された読み物が多いです。そもそも概念がよくわかってないのに、字面だけで理解するのは厳し過ぎます。そういった意味で本書は、とっつきやすかったです。

とはいえ、ネットワークに関して言うと、1969年に軍事用に研究がすすめられたARPANETがインターネットの起源なんだよ、的な本気の解説になってます。子供だましの本ではない。

 

WEB屋をやってる私でも新しい気づきがありました

私もWEB屋の端くれとして、サーバーを立てるためにとOSI参照モデルやTCP/IPについては一通り学んできました。それでも、イラストが挟まることによってイメージしやすい所もチラホラ。例えば89ページのサブネットマスクをカーテンに見立てて表現してるあたりを読んで、理解がグッと深まりました。

また、電子メールの送受信に使われているSMTPやPOPといったプロトコルは知ってましたが、それらのコマンドについてもイラストの中にサラッと書かれていました。正直、コマンドまでは知らなかったのでとても勉強になりました。

 

 

ネットワークの世界へようこそ -知っておきたいTCP/IPの基礎知識

『ネットワークの世界へようこそ -知っておきたいTCP/IPの基礎知識』を読んだ感想

ネットワークについて勉強したいという方にはピッタリの入門書だと思います。

単行本(ソフトカバー): 192ページ
出版社: マイナビ (2015/3/28)
言語: 日本語
ISBN-10: 4839953775
ISBN-13: 978-4839953775
発売日: 2015/3/28

 

>> 本の購入はコチラ

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です