CATEGORY ビジネスでもっと稼ぐための本

管理人は愛知県稲沢市でWEB屋をやっています。フリーランスでやっているので、テクニカルなことだけでなく経営とかビジネスについても明るくないとやっていけません。また、お客さんがWEBサイトの制作や構築運用に求めるものは「集客アップ、問い合わせ数アップ、売り上げアップ」が主なものです。そのために、どのようなアプローチが考えられるのかということを知っておく必要があります。

同じWEB集客するにしても業種やエリアによってアプローチがガラッと変わります。多種多様なお客様からのニーズに柔軟に対応できるようにビジネスについても学び続けています。このカテゴリーでは、ビジネス力の底上げをするために管理人が読んだ本の感想をまとめています。

『小さなチーム、大きな仕事――働き方の新スタンダード 』を読んだ感想。

『小さなチーム、大きな仕事――働き方の新スタンダード 』を読んだ感想。

起業するときの指針、もしくは反面教師になる内容が見つかる本 ITベンチャーとして成功したベースキャンプ(旧37シグナルズ)の創業者と開発者が、自分たちの経験から「これがよかった」的なことを格言っぽくまとめてくれてる本です…

『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』を読んだ感想

『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』を読んだ感想

信用がお金になる時代を予見していた神田昌典氏の凄さにビビる 15年くらい前に、神田昌典さんのビジネス書を読み漁っていた時期があった。実践マーケッターとして集客をいかに増やすかといったことなどは、今でも参考にさせてもらうこ…

『一生使える 見やすい資料のデザイン入門』を読んだ感想。

一生使える 見やすい資料のデザイン入門

一生使えるかどうかは謎だけど、見やすい資料が何なのか掴めるようになる! この本を買ったきっかけはというと、パワーポイントを使った資料作成のセミナーの依頼をいただいた時、勉強のために買いました。パワポの操作うんぬんも必要で…

『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』を読んだ感想。

『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』を読んだ感想。

お金とは何か?資本主義に代わるものは無いのか?を真摯に考え抜いた答えがここにある アマゾンのビジネス書ランキングで長いこと上位にいるなぁと気になっていたのが本書「お金2.0」です。話題になってる本ですし、前々から読もうと…

『アマゾンが描く2022年の世界』を読んだ感想

『アマゾンが描く2022年の世界』を読んだ感想

占いもいいけど、この本を読んだ方が未来のことが分かる気がする 先々のことはわからないですし、わからないからこそ面白いという側面があります。とはいえ、今や国家よりも影響力を持ち始めているのではないかと囁かれているメガテック…

『ネットで「女性」に売る』を読んだ感想

「ネットで「女性」に売る 数字を上げる文章とデザインの基本原則」を読んだ感想

目からウロコの情報がチラホラ 女性には「本来の自分を取り戻す」というプリンセス物語が欲求のベースにある。この事実自体が、かなり衝撃的でした。私はこれまで、こんな風に考えてマーケティング策を練ったことがありませんでしたから…

『未来の年表』を読んだ感想

未来の年表

大人たちは、何かを私たちに隠している このフレーズは本書のあとがきに出てきました。著者が中高生の討論会で女子中学生が言ったセリフで印象に残ったフレーズとして紹介していました。未来の年表を読むと、その「大人たちが隠している…

『残酷すぎる成功法則』の感想

『残酷すぎる成功法則』の感想

話題のビジネス書『残酷すぎる成功法則』を読んでみました。個人的に気になった部分をピックアップしつつ感想を書きました。読もうかどうか迷っている方、既に読んだ方の何かしらの参考になれば幸いです。   仕事をゲームに…

『バカは最強の法則』を読んだ感想

『バカは最強の法則』

マンガは最強のメディアかもしれない 本書の冒頭に『まんがは「最強メディア」である。』という一文がある。何を言ってるんだ?と思っていたけど、この本を読んでみて一理あるかもと思い直している自分がいる。端的に要点だけをまとめて…