CATEGORY 文章うまくなるための本

管理人は愛知県稲沢市でWEB屋をやっています。人を引き付けることのできる文章が書けるかどうか、というのはネットで情報発信する人間にとっては死活問題といっても過言ではありません。私自身も、「狙ったターゲット層に対していかに響く文章を書けるようになるか」ということを常に考えて日々文章を書いていますが、未だに未熟者です。

「伝えたい人に、伝えたい内容が効果的に伝わる文章」を書けるようになるために、学び続けていく必要があります。このカテゴリーでは、管理人がうまい文章が書けるようになるために読んだ本の感想をまとめています。「文章を書くのが苦手で困っている」という方の参考になる部分があるかもしれません。

『人を操る禁断の文章術』を読んだ感想

『人を操る禁断の文章術』を読んだ感想

メンタリストDaiGo、といえばテレビで芸能人を相手に様々な質問を投げかけて「あなたが選んだカードはこれです!」と当ててる人。そんなイメージです。でも、あの一連のパフォーマンスは手品でもヤラセでもなくって、心理学に基づい…

『10倍速く書ける超スピード文章術』を読んだ感想

『10倍速く書ける超スピード文章術』を読んだ感想

フリーランスになって23年間1度も締め切りを破ったことのないライターの指南書 LINEやメールはもちろんですが、仕事をするうえで文章を書くということが当たり前に求められる時代になっています。私はアフィリエイターとして良質…

『30分で完成する全自動文章法』 を読んだ感想

『30分で完成する全自動文章法』 を読んだ感想

説得力のある文章を30分で書けるようになるレシピ 「二項対立」と「三段論法」をベースにして、説得力のある文章が30分で書けるようになる本。シンプルな構成で書かれており、図の説明も多いので、読みやすいです。   …

『伝え方が9割 (2)』 を読んだ感想

『伝え方が9割 (2)』 を読んだ感想

伝え方はセンスじゃない! 「伝え方が9割 (2)」は発行部数58万部を超えるベストセラー「伝え方が9割」の続編。伝え方を工夫するだけで、コミュニケーションの質が変わることをまとめてくれてます。具体的な『「ノー」を「イエス…